マンションのエアコン取付でよくあるドレンライン工事を職人が解説

どうもこんにちは。
エアコン職人さかなです。

今日はエアコンの『ドレンライン取付工事』について、料金とその内容を解説していきますが、まず最初に注意点としてお伝えしておきたいのが、これからお伝えすることは、あくまで一般的な業界標準の話であり、その基準として、大手家電量販店の金額を参考にしているという点です。

なので、当然、依頼する工事屋さんによって、多少、内容や金額が変わることがあると思います。

こちらの記事でお伝えしていることが、実際には「必ずしもそうとは限らない」ということをご了承くださいませ。

よろしくお願いします。

ドレンライン取付工事とは?

エアコンというのは冷房を使うと室内機から結露水が出てきますし、暖房を使うと室外機から水が出てきます。

例えば、マンションの廊下などにエアコンを設置すると、共用部である廊下に水が流れ出てきますので、廊下を濡らしてしまうという欠点があります。

最近のマンションですと、エアコンの排水をキチンを流せるようになっていたりしますが、古い集合住宅などでは水を流す場所がないので、そのまま廊下に垂れ流しになっています。

ドレンライン取付工事とは、そのような水が垂れ流しにならないように、水が流れるレールを作る工事のことを言います。

『垂れ流しのドレン』

『ドレンライン』

こうすることで、水の垂れ流しがなくなり、見た目がよくなりますし、ドレン水によって苔が生えたり、汚れが広がったりするのを防いでくれます。

ドレンラインは簡単に設置可能

ドレンライン工事とは言っても、ドレンラインの部品を床に置くだけなので、特に接着剤を使ったりとか、ビスで固定したりとかすることはありません。なので、床面を傷つけることも汚すこともないです。

ドレンラインを取り付ける場所は、多くは集合住宅の廊下側に設置しますが、もちろん、ベランダ側にも設置することは可能です。

ベランダ側に設置する方の要望としては、ベランダで洗濯物などを干す時に、床が濡れいていると洗濯物を落とした時に濡れて汚れてしまう、水を踏んで自分の足が濡れてしまう、などの不都合があるため、それを解消したいという希望があります。

他には、一戸建ての住宅でも、あまり水を流したくない場所があるなら、ドレンラインを使って、水の流れの方向を変えたりすることができます。

ドレンラインとはそのような使い方をします。

ドレンライン取付工事の料金

ドレンラインの料金は、大手量販店ではエアコンと同時工事で2200円、単独工事で4400円、が2mまで、2m以上は1mごとに2200円の追加料金です。

つまり、エアコンと同時にお願いすれば2200円程度で、工事も何もただ切って置くだけなので、ほとんど材料代と言ったところですね。

以上、ドレンラインの解説でした。
どうもありがとうございました。

Aircon Mediaでは「Air-concierge」(エアコンシェルジュ)をコンセプトに、『10年間の快適な空間』をお約束しています。高品質な工事はもちろん、10年間の製品保証ときめ細やかなアフターサービスを心がけてますので、エアコン工事で失敗したくない方はぜひ、Aircon Mediaにお任せください。

工事内容の解説カテゴリ一覧へ

 


Aircon Mediaではエアコン工事、ご相談承ります。
愛知・東京・千葉・埼玉・神奈川・静岡・岐阜・大阪・奈良・京都・兵庫・広島・山口エリア対応中

現在対応エリアの拡大を進めています。 最新情報はお知らせをご覧下さい。