ルームエアコンの引越しや移設にかかる料金と作業内容について解説

どうもこんにちは。
エアコン職人さかなです。

今日はエアコンの『敷地外移動の工事』について、料金とその内容を解説していきますが、まず最初に注意点としてお伝えしておきたいのが、これからお伝えすることは、あくまで一般的な業界標準の話であり、その基準として、大手家電量販店の金額を参考にしているという点です。

なので、当然、依頼する工事屋さんによって、多少、内容や金額が変わることがあると思います。

こちらの記事でお伝えしていることが、実際には「必ずしもそうとは限らない」ということをご了承くださいませ。

よろしくお願いします。

ルームエアコンの敷地外移動とは?

ルームエアコンの敷地外移動工事とはつまり、「引越し」とか「移設」ということなのですが、この場合、少し普通の取外しや取付け工事よりも割高になります。

なぜなら、入替作業であれば取り外すエアコンに関しては「ゴミ」ということなので、多少乱暴に扱ってもいいですし、それ程気を遣う事もありませんが、「移設」ということになると、また次もちゃんと使えるような取り外し方をしなければならないからです。

具体的には、取り外し作業には「ポンプダウン」という工程があり、室外機に冷媒ガスを閉じ込める作業をするのですが、そのポンプダウンの時間を長めにとり、冷媒ガスにコンプレッサーオイルを吸着させる必要があるのと、室内機と室外機の接続配管を取り外した時に、機械内にゴミが入らないようにキャップをつけたり、室内機補助配管を傷つけないように取り外したり、取り外した後も室内機が傷つかないように毛布などでくるんだり、単純に手間と時間が増えます。

なので、大手家電量販店では、通常の取り外し工事が6000円であるのに対し、「敷地外移動」に伴う取り外し工事では10000円の工事料金でやっているところが多いです。

エアコンを取り外したあとは「配管穴」の穴が空いたままになりますので、基本的にはパテという粘土みたいなもので穴は塞ぎますが、見た目はあまりよくありませんので、専用の穴ふさぎ部材を使用する場合は別途で2000円の追加料金がかかります。

また、「敷地外」ということはその室内機なり室外機を別の場所に運搬する必要があり、その運搬作業をお客さんがやってくれるのであれば運搬料金はかかりませんが、僕らで運搬するとなると「運搬料金」が別で発生します。

「運搬料金」は距離によっても変わってくるのですが、家電量販店では基本的にはどれだけ近くても最低7000円〜というところが多く、あとは半径30kmを超えるような距離ですとまたその分追加で料金がかかるという仕組みです。

「運搬だけで7000円」という金額が高いと感じるか、安いと感じるかは人それぞれだと思いますが、普通に他の業者さんに依頼したらそれ以上の金額になると思いますし、運搬中の事故や故障というリスクもありますし、例えば団地の4階から階段で室外機を運ぶようなこともあるわけなので、個人的には適正価格かなと思っています。

「取外し+運搬+取付」=敷地外移動料金

エアコン本体を取外し、運搬して、次の新しい場所に取付けるのですが、家電量販店ではこの時の取付金額は「お客様手持ちエアコン取付」という項目で金額が設定されていて、この「お客様手持ちエアコン取付」というのは若干、高めの金額に設定されています。

なぜなら、家電量販店ではエアコン本体を購入してもらってナンボというか、ハッキリ言って、「製品を購入してくれないお客さんはお客さんではない」というスタイルです。

なので、エアコン製品の購入を伴う取付であれば、家電量販店では「エアコン本体代金に取付工事費が含まれている」というところがほとんどで、取付工事費に関してはかなり割安に設定されていますが、お客様手持ちエアコンの取付工事は通常の取付工事費よりも高めの金額になっていると覚悟してください。

具体的には、「お手持ちエアコン取付工事25000円〜」というくらいの金額を見ておいてください。

なので、例えば、家電量販店に「敷地外移動」を依頼したのであれば、まず、取外し料金が10000円、穴ふさぎをしっかりした部材を使用するなら2000円、運搬料金が10kmほどの運搬距離であれば7000円、取付工事が25000円で、合計44000円+税で合計48400円になります。

この金額が安いかどうかはお客様の価値観次第ではあるかと思いますが、「業界の相場」という観点で言えばこれが普通です。

この金額が高いということで、他社に見積もりを取られても、多分同じくらいの金額になるんじゃないかと思いますし、もし、これより安くやってくれるところが見つかればそれはラッキーだと思います。

例えば、お知り合いの電気屋さんがいて、友人知人割引みたいな感じで、25000円〜30000円くらいでやってくれる工事屋さんがいればいいのですが、普通は40000円前後かかると思ってください。

そして、そうなると今度は〝新品のエアコンを買った方がよくない?〟という選択肢も浮上してくるかと思います。

今は2.2kwの小さいサイズのエアコンであれば、安いところでは5〜6万円で販売してますから、中古を4万円払って移設するよりもその4万円を新品購入資金に当て、もうあと1〜2万円追加すれば新品が買えてしまうんです。

この選択肢の判断基準となるのは、「今使っている中古のエアコンがあと何年持つか?」という点だと思います。

エアコンの寿命が10年だとして、8年くらい使っているのであれば、もしかすると移設してすぐに寿命で壊れてしまうかもしれません。

そうなるとやはり新品を導入した方がいいと思いますし、逆に、まだ購入して3年くらいしか使っていないというのであれば、あと7年は使える計算になりますから、それは移設費用を支払う価値があると判断できると思います。

個人的には製造から6〜7年を超えていたら買い替えでもいいんじゃないかと思います。

なぜなら、エアコンの寿命は10年で、移設してもあと3年しか使えない計算になりますし、3年使用するために4万円を支払うとなると、1年間の利用コストは13000円ですが、6畳用の小さいエアコンであれば、新品でエアコンを6万円(工事費込み)程でで購入すればそこから10年間使えますから、1年間の利用コストは6000円になります。

既設エアコンの初期購入費も計算に入れると、話はそう単純ではありませんが、それを計算に入れなくても、移設費用は本体代金が一切なく、工事代だけで40000円以上の金額がかかりますので、新品購入の本体代金+60000円という金額がいかに安いか、ご理解いただけると思います。

移設先の部屋の広さや、購入されたエアコンの金額にもよりますが、個人的には製造から6〜7年を超えていたら買い替えでもいいんじゃないかと思います。

移設をするタイミングで分解クリーニングがおすすめ

エアコンの移設料金についての解説は以上ですが、もう一つ、僕からアドバイスがあります。

それは、移設のタイミングでエアコンクリーニングをするのがベストだということです。

エアコンのクリーニングには2種類あり、一つはエアコンを壁にかけたままで行う壁掛けクリーニング、もう一つが、エアコンを壁から外して行う分解洗浄クリーニング、当然ですが、エアコンを壁から取外して洗った方が断然キレイになります。

壁にかけたままのクリーニングですと、どうしても洗い残しや、取りきれない汚れというのが発生します。

しかし、分解洗浄クリーニングであれば、エアコンの部品を全て分解し、一つ一つの部品を丁寧に洗いますから、洗浄度合いが全然違います。

なので、チャンスがあるとしたらこのタイミングしかないんですね。

どうせ一度取り外すので、そのタイミングでクリーニングすれば一石二鳥というわけです。分解クリーニングの費用もまた別でかかりますので、金額に関してはまたお財布と相談ということになると思いますが、ついでにクリーニングまでやってくれる工事屋さんがいると最高ですね。

特に新居にはカビやホコリを持ち込みたくないと思いますから、新居で心地よい空調を感じたい方はぜひ、このタイミングで分解クリーニングも依頼してみてください。おすすめです。

以上、ルームエアコンの敷地外移動工事料金の解説でした。
最後までお読みいただいてありがとうございます。

Aircon Mediaでは「Air-concierge」(エアコンシェルジュ)をコンセプトに、『10年間の快適な空間』をお約束しています。高品質な工事はもちろん、10年間の製品保証ときめ細やかなアフターサービスを心がけてますので、エアコン工事で失敗したくない方はぜひ、Aircon Mediaにお任せください。

工事内容の解説カテゴリ一覧へ

 


Aircon Mediaではエアコン工事、ご相談承ります。
愛知・東京・埼玉・神奈川・静岡・エリア対応中

現在対応エリアの拡大を進めています。 最新情報はお知らせをご覧下さい。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする