エアコンの追加穴あけ工事に必要な料金と穴あけ2箇所目について解説

どうもこんにちは。
エアコン職人さかなです。

今日はエアコンの『穴あけ追加工事』について、料金とその内容を解説していきますが、まず最初に注意点としてお伝えしておきたいのが、これからお伝えすることは、あくまで一般的な業界標準の話であり、その基準として、大手家電量販店の金額を参考にしているという点です。

なので、当然、依頼する工事屋さんによって、多少、内容や金額が変わることがあると思います。

こちらの記事でお伝えしていることが、実際には「必ずしもそうとは限らない」ということをご了承くださいませ。

よろしくお願いします。

標準工事に穴あけ1箇所までは含まれている

エアコンの標準取付工事に穴あけは1箇所までは含まれていることが多いです。

しかし、エアコンを取り付ける場所によっては、穴を2箇所開けなければならない時があります。そのような時に「穴あけ追加」と言う形で、追加料金となります。

穴あけ2箇所目からは追加料金になる

穴あけ1箇所目までは無料にしている工事屋さんが多いですが、2箇所目からは有料になるところが多いです。

その理由は「手間と時間がかるかどうか?」で、通常の工事に比べて、穴あけという工程がもう一回追加されるということは、これは明らかに手間も時間もかかっているので、有料になることが多いです。

さらに言えば、穴1箇所につき、「貫通スリーブ」というプラスチック製の筒を使用しますので、その材料費も余計にかかるという理由もありますし、「パテ」と言われる穴のスキマ塞ぎ材ですね、これも穴が増えるごとに使いますので、その材料代もかかります。

穴あけ2箇所目以降の追加料金

大手量販店では、2箇所目の穴あけ追加料金は2200円です。3箇所開けたら4400円です。穴あけ箇所が増えていくごとに2200円の追加料金だと思っていただいて問題ないと思います。

では以上です。
最後までお読みいただいてどうもありがとうございました。

Aircon Mediaでは「Air-concierge」(エアコンシェルジュ)をコンセプトに、『10年間の快適な空間』をお約束しています。高品質な工事はもちろん、10年間の製品保証ときめ細やかなアフターサービスを心がけてますので、エアコン工事で失敗したくない方はぜひ、Aircon Mediaにお任せください。

工事内容の解説カテゴリ一覧へ

 


Aircon Mediaではエアコン工事、ご相談承ります。
愛知・東京・千葉・埼玉・神奈川・静岡・岐阜・大阪・奈良・京都・兵庫・広島・山口エリア対応中

現在対応エリアの拡大を進めています。 最新情報はお知らせをご覧下さい。