【施工事例】耐塩害仕様エアコン室外機 隠蔽配管2階→1階下ろし 神奈川県藤沢市

2階戸建て住宅 2階1階下ろし隠蔽配管 エアコン入れ替え
耐重塩害仕様室外機

神奈川県藤沢市 2023年7月施工

こちらの案件は2階戸建て住宅にある既存隠蔽配管エアコンと外部配管・外電源エアコン2台の入れ替え工事です。

また海岸に近い塩害地域でもあることから末永く使える重塩害仕様をお勧めいたしました。

今回は家電量販店等では施工をお断りされてしまった隠蔽配管の工事ということで、Aircon Mediaにご依頼頂きました。

工事概要

  • 入替 2階→1階下ろし 4.0kW→2.8kW(寝室 外電源 室内電源無し)
  • 入替 2階隠蔽配管 4.0kW→2.8kW(キッチン 隠蔽配管・室内電源200V→100V電圧切替)
現地作業期間 延べ0.5日間
参考工事総額 約40万円

今回の工事の特徴

事前に現地にお伺いさせて頂き作業環境、お困りの点、ご要望等をお聞きしました。
クライアント様の要望
  • 隠蔽配管の再利用(キッチン)
  • キッチンのエアコンはおそうじ機能なし(トラブル率の低減)
  • 屋外電源再利用
  • キッチンのエアコンからの風がレンジ台に直撃しない

キッチンにはドアなどはなく20畳ほどのリビングにつながっておりリビングには別に十分な容量のエアコンが設置されています。

6畳ほどの広さキッチンには建物の中心にある(外壁に面していない)壁に4.0kW壁掛け型が隠蔽配管でレンジ台に向いて設置されています。

また、配管長も15m程あると思われますのでガスチャージの必要ない機種を選定してコストを抑える必要があります。

寝室は容量が超過気味の4.0kWがあります。 建物自体には隠蔽配管と屋外電源が先行敷設されていましたが、この寝室には先行配管が無くエアコン用の電源もない状態でした。

20数年前このエアコン設置当時に開孔し冷媒配管は通常の壁面設置とし電源を付近の隠蔽配管と同時に敷設された200V電源を流用する方法で施工されています。

当社提案
  • キッチンは室内電源100Vの2.8kWのベーシックモデル(隠蔽配管再利用・電圧切替)
  • 寝室は2.8kWで200V屋外電源対応モデル(屋外配管)
  • 室外機耐重塩害仕様

施工状況

2階キッチン 隠蔽配管

チャージレス長と高低差を考慮しダイキンのベーシックグレードであるEシリーズを選択いたしました。

また油汚れにより埃がつきやすい環境を考慮してあえておそうじ機能の無いベーシックモデルとし分解洗浄の際のコストと破損リスクの低減を行いました。

(室内機設置後の画像は無し)

既存モデルは換気機能付きモデルでしたので換気ホースを内外共に閉塞処理し右側のコンセントの裏で隠蔽ドレン接続、隠蔽冷媒配管は再利用しました。

キッチンとリビングを合わせて冷暖房負荷計算を行いキッチンのエアコン容量は2.8kWで必要十分でありますので4.0kWからサイズダウンいたし、それに伴い200Vから100Vに電圧切替工事を行いました。

隠蔽配管の露出部分はテープ巻き仕上げとなっていましたが劣化がありましたので横引き部分は配管カーバーを付けて保護しています。

また南側に面していますので塩害対策としてJRA耐重塩害仕様の室外機を採用しました。

2階寝室 屋外電源

室内機はキッチンと同じダイキンのEシリーズです。

こちらのお部屋にはエアコン用の電源がありません。

室外機は2.8kWで屋外電源、更にJRA耐重塩害仕様という大変珍しい、おそらく二度とお目に掛かることが無い機種と思われます。

室外機設置位置を配管直下に変更して電源ボックス直近で設置しました。

またドレンにはエアカットバルブを設置しました。

高断熱高気密住宅+24時間換気住宅では多くの場合強制排気の負圧により新鮮な空気を外部から吸いこんでいるパターンがありその負圧の一部はエアコンのドレインホースにも影響し排水不良の原因となり、ポコポコ音の発生やドレイン排水不良により浸水等の要因になります。 特に寝室では気になり睡眠の質に影響を及ぼします。

JRA耐重塩害仕様

耐塩害仕様機は塩害及び大気汚染の影響を受ける場所に設置可能とするために室外機に対して通常のモデルに加えて腐食に対する様々な対策を施し故障のリスクを下げ耐用年数を長くした製品です。

熱交換器(ラジエターの様な部分)も特別なコーティングがされ耐腐食性が向上しています。

一般的なルームエアコンの室外機で標準仕様+3万円がコストの目安です。

耐塩害・耐重塩害仕様 主な改装部分

お勧めする私の自宅も海岸に近く標準仕様の室外機は10年持たず早いものでは3年で故障しました。 ここ最近入れ替えたエアコンの室外機はすべて耐塩害仕様、又は耐重塩害仕様を選択しています。 エアコンは必要な時、寒い時や暑い時に壊れるものです。 私自身もそんな中大変不便な思いを経験しました。 また正直安い買い物ではありません。 塩害地域では私個人としては+3万円の価値は十分あると感じております。

ちなみに、弊社ではエアコンは時価で取り扱いしており、またエアコン本体からは利益を頂いておりません。 

沿岸地域や海岸に近いエリア、河川に面しており潮風が届くエリアにお住いの場合は耐塩害仕様機の採用をお勧めします。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

 


Aircon Mediaではエアコン工事、ご相談承ります。
愛知・東京・千葉・埼玉・神奈川・静岡・岐阜・大阪・奈良・京都・兵庫・広島・山口エリア対応中

現在対応エリアの拡大を進めています。 最新情報はお知らせをご覧下さい。