エアコンの暖房を1ヶ月運転した時の電気代はいくらになる?

どうもこんにちは。
エアコン職人さかなです。

僕は普段、お客さんの家でエアコンを取付しているエアコン屋なのですが、そこでお客さんによく質問されるのが「電気代」の質問です。

エアコンというのは、もはや現代人の生活には欠かせないものになっていて、夏は毎日使用する人も多いですし、場合によっては冬も毎日使用する人もいます。

しかし、毎日使うものだからこそ、電気代もわずかな違いが年間単位では大きな違いになってきてしまいます。

ですので、なるべく無駄な出費を抑えて、エアコンを賢く使っていきましょう。

今日はエアコンの「暖房を1ヶ月運転したら電気代はいくらになるのか?」

ということについて解説していきます。

よろしくお願いします。

ぶっちゃけ、エアコンの電気代は計算が難しい

まず、エアコンの電気代は簡単には計算できないということをお伝えしておきます。

なぜなら、お客さんの契約している電力会社や契約方式、契約プランなどによって電気料金が違ってくるのと、エアコンを使用する環境によって、エアコン本体の消費電力も変わってくるからです。

それにエアコンの消費電力も、カタログ上ではその数字が書いてありますが、実際の運転時にはその数字通りの消費電力にはなりません。

なので、一番確実なのは、エアコンのコンセントのところに簡易的な電力計をつけていただき、1年間の消費電力×電力単価の計算をしていただくことです。

しかし、そこまでやるのが面倒なので、今、あなたはこのページをご覧になられているわけなので、ここではそういう「机上の空論」的な話はしないようにします。

ハッキリした事が言えないなりに、ある程度、現実的な数字をご提案できるように努力しましたので、最後まで読んでみてくださいね。

6畳用のエアコンを1時間「暖房運転」した時の電気代はいくら?

6畳用のエアコンを1時間暖房運転した時の電気代は、『約5円』です。

8時間運転で40円、毎日使用したとすると1ヶ月で1200円になります。

20畳用のエアコンを1時間「暖房運転」した時の電気代はいくら?

では次に、リビング用のエアコンを1時間運転した時の電気代をみてみましょう。

話を単純化するために、20畳用のエアコンであれば、6畳用の3.3倍の大きさですから、消費電力も単純に3.3倍することにします。

ということで、6畳用が5円だったので、20畳用は『16.5円』になります。

8時間運転で132円、毎日使用したとすると1ヶ月で3960円になります。

基本的に冷房も暖房もつけっぱなしでいい

例えば、6畳用のエアコンを暖房運転で24時間つけっぱなしにしたとします。

その時の1ヶ月の電気代は、約1500円くらいです。

冷房だったら1000円もしないかもしれません。

なので、エアコンの電気代って意外と安いんですよね。

やはり、エアコンはつけ始めた瞬間が一番電力を使いますから、こまめに消しても少しだけ安くはなると思いますが、結局は同じくらいの電気代になってしまうんですね。

だったらつけっぱなしの方が、部屋が適温になるまで待たなくてもいいので、その分、ストレスがなくていいと思います。

目安としては、2〜3時間の外出であれば、エアコンはつけっぱなしでもいいと思います。

4〜5時間以上外出するときは、エアコンを消して外出した方がトータルで電気代は安くなると思います。

では以上です。

どうもありがとうございました。

Aircon Mediaでは「Air-concierge」(エアコンシェルジュ)をコンセプトに、『10年間の快適な空間』をお約束しています。高品質な工事はもちろん、10年間の製品保証ときめ細やかなアフターサービスを心がけてますので、エアコン工事で失敗したくない方はぜひ、Aircon Mediaにお任せください。

エアコンの電気代カテゴリ一覧へ

 


Aircon Mediaではエアコン工事、ご相談承ります。
愛知・東京・千葉・埼玉・神奈川・静岡・岐阜・大阪・奈良・京都・兵庫・広島・山口エリア対応中

現在対応エリアの拡大を進めています。 最新情報はお知らせをご覧下さい。